よりよい白血病治療のために
HOME >> JALSG業績 >> JALSG論文集の掲載 >> 2021年~2030年の論文

2021年~2030年の論文

【論文タイトル /// 全著者名 /// 掲載誌】

Optimal treatment for Philadelphia‑negative acute lymphoblastic leukemia in first remission in the era of high‑intensity chemotherapy /// Shinichi Kako, Fumihiko Hayakawa, Kiyotoshi Imai, Junji Tanaka, Shuichi Mizuta, Satoshi Nishiwaki, Heiwa Kanamori, Junichi Mukae, Yukiyasu Ozawa, Tadakazu Kondo, Takahiro Fukuda, Tatsuo Ichinohe, Shuichi Ota, Yoshinori Tanaka, Tohru Murayama, Shingo Kurahashi, Toru Sakura, Noriko Usui, Shigeki Ohtake, Hitoshi Kiyoi, Itaru Matsumura, Yasushi Miyazaki, Yoshiko Atsuta. /// International Journal of Hematology. DOI: 10.1007/s12185-021-03198-4
※InternetExplorerをご利用の場合、
ログインできない可能性がございます。
患者様はこちら
コンテンツ
JALSGとは
これまでの治療成績
臨床研究
参加施設一覧
治験情報
業績
海外学会報告
情報ライブラリー

入会案内


ご支援・ご寄付のお願い

jagse

革新的がん研究支援室

インフォメーション
セキュリティポリシー
リンクポリシー
リンク