よりよい白血病治療のために
HOME >> JALSG臨床研究 >> 現在行われている臨床研究の概要 >> 急性リンパ性白血病 Burkitt-ALL213

急性リンパ性白血病 Burkitt-ALL213

試験名

成人Burkitt白血病に対する多剤併用化学療法による
第Ⅱ相臨床試験(JALSG Burkitt-ALL213)
研究代表者:日本大学板橋病院 血液膠原病内科 八田 善弘
研究担当者:兵庫県立がんセンター血液内科 村山 徹  

1.概要

成人の初発未治療急性リンパ性白血病(ALL)を対象として細胞表面マーカーおよび
キメラ遺伝子スクリーニングによりバーキット白血病と診断して、
それに対するリツキシマブを加えた多剤併用療法(JALSG Burkitt-ALL213)の
安全性と有効性を評価する臨床第Ⅱ相試験です。

2.目的

バーキット白血病はALLの中でも進行が速く、悪性度の高いALLとされていました。
しかし最近では、メトトレキサート大量とシクロフォスファミド分割投与の短期強力療法により
好成績をあげており、さらにリツキシマブを加えることにより、良好な成績であったことが
欧米では報告されています。

一方本邦ではバーキット白血病に対する標準療法はまだ確立されていません。
そこで米国で好成績を上げたリツキシマブを加えたHyper-CVAD+MTX/Ara-C大量療法
(R-Hyper-CVAD+R-MTX/Ara-C大量療法)が本邦でも安全で有効であるかを
明らかにするために本臨床試験を計画しました。

3.対象

この試験に参加するための主な条件は以下の通りです。 

1. 急性リンパ性白血病であることを告知されていること。

2. 未治療であること。(JALSG B-ALL臨床研究登録後の規定のprephase PSL投与を除く)

3. Burkitt 白血病であることが免疫学的(組織学的)、細胞遺伝学的に証明されていること。

4. 15歳以上65歳未満であること。

5. 全身状態が保たれていること。(Performance Statusが 0~3であること)

6. 主要臓器機能(心、肝、腎など)の機能が保持されていること。

7. 文書による本人の同意が得られていること。(20歳未満の患者においては代諾者の同意が必要)

この試験では以下のような項目について評価します。

4.主要評価項目(中心となる評価項目)

3年無イベント生存率(event free survival)

5.副次的評価項目(その他の評価項目)

1. 完全寛解率 (complete remission rate、CR率)

2. 有害事象割合

3. 生存期間(治療開始後3年間のoverall survival, relapse free survival)

4. 遺伝子解析結果と治療反応性の関連

6.目標参加者数

21例

7.予定登録機関

2013年6月より7年間
※InternetExplorerをご利用の場合、
ログインできない可能性がございます。
患者様はこちら
コンテンツ
JALSGとは
これまでの治療成績
臨床研究
参加施設一覧
治験情報
業績
海外学会報告
情報ライブラリー
成人白血病治療共同研究支援機構

ご支援・ご寄付のお願い

インフォメーション
セキュリティポリシー
リンクポリシー
リンク