よりよい白血病治療のために
HOME >> JALSG臨床研究 >> 新規登録終了した臨床研究の概要 >> 再発・難反応性急性骨髄性白血病FLAGM

再発・難反応性急性骨髄性白血病FLAGM

FLAGM療法の概要 登録終了

1.目的

FLAGM療法は、再発及び難反応性急性骨髄性白血病(M3, hybrid leukemiaを除く)に対する
G-CSF、fludarabine、Ara-C、mitoxantroneの併用の有効性と安全性の検討する臨床第Ⅱ相試験です。

2.対象

倫理委員会もしくはIRBで本試験の承認が得られている施設の症例で、
再発及び初回難反応性急性骨髄性白血病で18歳以上65歳未満、
Performance Status (P.S.)(ECOG)が0-2の症例。3ヶ月以上の生存が期待でき、
主たる臓器機能が十分保持されている症例です。
また、文書による同意が得られている症例です。

3.臨床試験のデザインの根拠

Ara-Cは急性骨髄性白血病(AML)の治療において必須の薬剤の一つで、
通常100mg/㎡でまたは200mg/㎡で投与されますが、再発難治症例に対しては2g/㎡の投与が
有効であることが確認されています。

また、fludarabineは、Ara-C投与の4時間前に投与されると、Ara-Cの代謝活性物質である
Ara-CTPの細胞内濃度を上昇させAra-Cの抗白血病作用が増すことが報告されています。
更に、G-CSFの投与によりAML細胞が細胞周期に導入され、Ara-Cなどの代謝拮抗剤に対する
感受性が増すことも知られています。

これらのことから、G-CSF、fludarabine、Ara-C大量、mitoxantroneを併用するFLAGM療法を考案しました。
Ara-Cは単剤では2g/㎡ 1日2回の6日間投与(総量24g/m2)の安全性は示されていますが、G-CSF、
fludarabine、anthracycline系薬剤との併用療法において、Ara-C 2g/㎡の1日2回投与の安全性は
確認されていませんでしたので、先にFLAGM療法の臨床第Ⅰ/Ⅱ試験を実施しました。
そこで、Ara-C2g/㎡の1日2回4日間(総量16g/m2)投与の安全性が確認されましたので、
FLAGM療法の臨床第Ⅱ試験を計画しました。

尚、臨床第Ⅰ/Ⅱ試験では56%の寛解率が得られています。

4.評価項目

主評価項目は完全寛解率で、副評価項目は安全性(NCI-CTCの副作用判定基準3度以上の
非血液毒性の出現および早期死亡(治療開始後2ヶ月以内の死亡))と2度以下の有害事象の種類、
程度及びその頻度(完全寛解率:寛解はJapan Adult Leukemia Study Group の評価基準に準じる。)です。
更に、生存率、寛解維持率も評価します。

5.目標症例数

40例

6.試験期間

2004年6月より2007年5月 2009年5月に延長
目標症例数に達しましたので、登録を終了いたします。(2008.2.14)

※InternetExplorerをご利用の場合、
ログインできない可能性がございます。
患者様はこちら
コンテンツ
JALSGとは
これまでの治療成績
臨床研究
参加施設一覧
治験情報
業績
海外学会報告
情報ライブラリー
成人白血病治療共同研究支援機構

ご支援・ご寄付のお願い

インフォメーション
セキュリティポリシー
リンクポリシー
リンク