よりよい白血病治療のために
HOME >> これまでの治療成績 >> 急性前骨髄球性白血病

急性前骨髄球性白血病

JALSG急性前骨髄球性白血病(APL)の治療成績


AML-87  AML-89  AML-92  AML-92&95  APL-97


化学療法のみ

の時代
ATRA の導入 ATRA併用
化学療法




症例数

45

64

196

369

304
完全寛解率(%) 80 70 88 90
A88~98
(A~D各群)
4年時点での
Event Free Survival(%)
32 32 52 52 67
グラフ
●  APLの治療成績は、ATRAが導入されてから飛躍的に
向上した。JALSGの研究においてもATRAを導入したAML
92から、無病生存率は格段に改善されている。

●  AML92の解析では、診断時の白血球数が10,000/μl
以上と未満で予後に有意差があることが判明した。
(6年時のEFSが57% vs 38%;p=0.0001)これよりAPL97より、AMLの中で独立した治療研究とし、寛解導入時の白血球数による4群の層別化を行った。
N Asou, et al: Cancer Chemother Pharmacol 48: S65-71, 2001

JALSG APL-97 Study

JALSG APL-97 Study

JALSG APL-97 Studyの結果

(1997年5月~2002年6月)

●  白血球数の多いC群が、完全寛解率、RA症候群、再発率とも成績不良である。



症例数  完全寛解率(%) RA症候群(%) 再発(%)
Group A 82 (32%) 80 (98%) 16 (19%) 6 (8%)
Group B 63 (25%) 62 (98%) 9 (14%) 7 (11%)
Group C 51 (20%) 45 (88%) 14 (27%) 13 (29%)
Group D
A→D 56,B→D 3,C→D
60 (23%) 57 (95%) 8 (13%) 10 (18%)
Total 256 244 (95%) 47 (18%) 36 (15%)

PML/RARαによる微少残存病変の動態

●  寛解導入終了時に約50%、地固め終了時にはほぼ100%の症例で陰性化している。





診断時

寛解導入終了時

地固め終了時

地維持療法終了時
PML/RARα (+) 240 (99%) 61 (50%) 0 (0%) 2
ML/RARα (-) 3 (1.2%) 60 (50%) 220 (100%) 31
不明 27 112 6 17

APL97 での寛解導入時の治療群別Event free survival

(2002年6月)

●  診断時白血球の少ない(3000/μl未満)A群が最も優れている。
●  続いて、3000 /μl以上10000 /μl未満のB群が良好で、10000 /μl以上のC群が最も予後不良である。
●  A群で治療中、白血球増加をきたし化学療法を追加したD群は、C群と同様に予後不良である。

APL97 での寛解導入時の治療群別Event free survival

APL97全例でのOverall survivalとEvent free survival

(2002年6月)

●  再発は36 / 244例中 (15%)にみられた
●  再発は治療開始後1年目から3年目に多くみられる。
●  この時期は、地固め療法を終了し維持療法から治療終了後にあたる時期である。  

APL97全例でのOverall survivalとEvent free survival