よりよい白血病治療のために
HOME >> JALSG臨床研究 >> 現在行われている臨床研究の概要

現在行われている臨床研究の概要

現在行われている臨床研究と症例登録状況(2017.9.30現在)

   
臨床研究 目標症例数 登録数
 急性リンパ性白血病
 Burkitt-ALL213
 T-ALL211-U

21
147

12
30
 再発難治成人急性リンパ芽球性白血病
 RR-ALL214 
24 14
 高リスク成人骨髄異形成症候群を対象としたアザシチジン投与法に
 関する臨床第III相試験 MDS212
410
193

 慢性期の成人慢性骨髄性白血病症例に対する薬剤中止試験 
 D-STOP216
 N-STOP216

50
50

18
18
* 各研究の概要は下記リストよりご覧下さい。
JALSG参加施設において新規に発症した全AML、全MDS、全CMML症例に対して施行された治療方法と患者側因子が5年生存率に及ぼす影響を検討する観察研究(JALSG-CS17)
JALSG CS-17 研究の概要 ( 2017.6.21新規登録開始)
詳細はこちら
成人急性前骨髄球性白血病を対象とした第III相臨床試験、APL204 L
成人急性前骨髄球性白血病を対象とした第III相臨床試験、APL204、の長期予後調査(観察研究)
詳細はこちら
慢性期の成人慢性骨髄性白血病症例に対する薬剤中止試験 D-STOP216,N-STOP216
慢性期の成人慢性骨髄性白血病症例に対する薬剤中止試験 D-STOP216,N-STOP216研究の概要
詳細はこちら
再発難治成人急性リンパ芽球性白血病 RR-ALL214
再発難治成人急性リンパ芽球性白血病RR-ALL214試験の概要
詳細はこちら
急性リンパ性白血病 Burkitt-ALL213
急性リンパ性白血病 Burkitt-ALL213 研究の概要
詳細はこちら
急性リンパ性白血病 T-ALL211-U
急性リンパ性白血病 T-ALL211-U 研究の概要
詳細はこちら
高リスク骨髄異形成症候群 MDS212
高リスク骨髄異形成症候群 MDS212研究の概要
詳細はこちら
付随研究
付随研究について
詳細はこちら