よりよい白血病治療のために
HOME >> JALSG臨床研究 >> 新規登録終了した臨床研究の概要 >> Ph陽性急性リンパ性白血病Ph+ALL208IMA

Ph陽性急性リンパ性白血病Ph+ALL208IMA

試験名

Ph+ALL208IMAプロトコール 登録終了

フィラデルフィア染色体陽性成人急性リンパ性白血病(Ph+ALL)を対象とした
imatinib併用化学療法による第II相臨床試験


研究事務局: 都立駒込病院血液内科 秋山 秀樹

1.目的

未治療の成人フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(Ph+ALL)を対象とした
imatinib併用多剤併用化学療法および幹細胞移植による有効性と安全性を評価することを目的とする。

2.対象患者

 1. 急性リンパ性白血病であることが証明されている。
 2. Ph染色体陽性またはBCR-ABL遺伝子が陽性である。
 3. 未治療(当プロトコールの寛解導入療法を除く)である。
 4. 15歳以上64歳以下である。
 5. 急性リンパ性白血病であることが告知されている。
 6. Performance Status(ECOG)が0~3である。
 7. 血清ビリルビン値<2.0mg/dlである。
 8. 血清クレアチニン値<2.0mg/dlである。
 9. 心電図にてCTCAE grade3以上の不整脈を認めない。
10. 本試験参加について文書による同意が本人より得られている。

3.予定登録数と研究期間

66例
2008年7月から2011年6月

4.進捗状況

参加者募集終了